自主防災について

近年各地で大きな地震が発生していますが、地震はいつどこで起こるかわからない自然災害です
地震の前にすることはTVやラジオ等で発信されていますが、地震発生後のマニュアルについての情報はあまりありません
地震発生時には各自治体が動き出しますが、3日間は現状の確認が主となり、4日目から物資等の発注が行われます これらの物資が各避難所に届けられるのは発生後5日~7日後になると思われます
水道水の給水が停止し、トイレの流し水や風呂水、洗濯水として使用する水はほとんど手に入りません
また、下水道管が破損すると2~3日で下水道管が満水となり道路に汚水が溢れてきます
悪臭や病原菌の拡散によって不衛生な環境となることが予想されます
その中で飲料水の確保は何よりも重要だと考えられます。汚れた水は加熱によってほとんどの菌が死滅しますが、加熱のためのガス・電気供給が停止しています
加熱する行為は火災の発生原因にもなりますので加熱滅菌をする場合は注意を払ってください
神戸の震災の教訓を生かして下さい
災害が発生してからの一週間は、生き埋めとなった人々の救出する時間(発生から3日間)でもあります
災害発生時のマニュアルを各自で作成し、その内容を理解する必要があります
年齢を問わず理解できるものが良いのではないでしょうか
防災訓練は大人だけが行うのではなく小学生、中学生、高校生、大学生も含めた防災訓練が必要と思われます
地震災害時はその場にいる人の中から担当者を決め、迅速な活動ができるよう努めましょう
そのためには必要最小限のルールを決めておく必要があります

 緊急連絡用書類の準備

地震災害時に怪我や病気になった時のために家族全員の緊急連絡用書類を準備してますか
一人暮らし 高齢者だけの住宅はありませんか?多くの自治会は会員の高齢化に直面しています
準備する書類
1.氏名 生年月日と血液型
2.健康保険書のコピー
3.掛かりつけの病院名(専門医師名)
4.持病名
5.処方箋で頂くクスリのリストやお薬手帳
6.透析患者の有無(透析できる病院を決める)
7.糖尿病患者の有無
8.アレルギー食品名(避難所の食事に注意するため)
9.親戚の連絡先(家族全員が入院したときの連絡先)
10.その他

緊急連絡用書類は地震の時にも壊れにくい冷蔵庫の中などに保管し、地震災害時にはこれを救急隊に渡してください 正し情報が早く確実に伝えられます
個人情報のため自治会に保管の依頼をすることができないので会員同志で保管場所を伝えあえるといいですね

1.緊急連絡用書類入れです 書類の入る密閉できる空き容器なら大丈夫です 空き瓶でもいいですよ

2.冷蔵庫 地震の時でも冷蔵庫は頑丈で壊れません

3.野菜室に緊急連絡用書類入れ

救急隊員に冷蔵庫内に緊急連絡用書類があることを伝える手段(玄関の内側に張り紙をするなど)を見つけられるといいですね

 自主防災マニュアル

地震発生時
まず身の安全を図る(慌てて火を消そうとして火傷をする事例が多い)火傷の程度により病院で手当はしてもらえない可能性があります 特に熱湯や加熱した油には注意しましょう あわてないことです
揺れがおさまってから火を消す ガスの元栓を閉める・電気のメインブレーカーを落とす
火が出ていたら初期消火。消火器は忘れずに準備すること
安全確認 家族、隣近所(向こう三軒両隣)の安全確認(慌てて外へ飛び出さない)をする
倒壊家屋の確認 誰の家か?生き埋め者はいないか?火は出ていないか?
近年は表札がないため倒壊した家屋の確認には時間がかかります
倒壊家屋が多い場合は、サイレントタイムを設け生き埋め者がいないか調べること

 サイレントタイムとは

緊急車両やヘリコプターの音及び倒壊家屋の救出活動を一時中断して静かな時間帯を作り、生き埋め者の声を聞き取り発見を容易にする方法
災害直後は気絶している可能性があるため、救出作業1時間に対して10分程のサイレントタイムを設けると良い
生き埋めとなった人々の救出する時間は発生から3日間しかありません

自治会対策本部を設置
1.各自治会で対策本部を設置する
2.火災予防のため風上よりガスの元栓を閉めるとともに電気のブレーカーを落とす
3.倒壊家屋の生き埋め者の救出作業を実施する
 (倒壊した建物からのアスベストを吸引しないためにも防塵マスクを付ける)
4.窃盗防止のため、町内への部外者立ち入り禁止に努める
5.被害報告内容を控える。住所・氏名等わからない場合は近くの電柱番号をメモする
 電柱番号は事前に町内ごとに調べて記録してください

 電柱番号とは


電柱には管理番号が必ず書いてあります


広域災害にはアマチュア無線が有効

< アマチュア無線基地局の開設に必要な設備及び条件 >
1.ロケーションの良い場所を選ぶ(アンテナの設置場所に注意すること)
2.同軸ケーブルは”10D FB”クラスを使用し受信電波の減衰を小さくする
3.アンテナはGPアンテナ及び指向性アンテナの2種類を使う
GPアンテナは全長7.2mのX700H、利得は13.0dbj(430)9.3dbi(144)を使用する
指向性アンテナはA430S10R(10エレ)、A430S15R(15エレ)を使用する
4.アンテナ切替(2接点)
5.受信用プリアンプ
6.安定化電源30A(他の無線機にも電力を供給するため)20Wのアマチュア無線機であれば最低7Aは必要です(10Wのアマチュア無線機であれば最低4.5Aは必要)バッテリー運用の場合は10W送信がよい
7.アマチュア無線機(144・430のデュアル機)出力は最大20W 4アマが使用できる無線機とする
8.無線機の出力は通常10Wとし、相手局に混信がある場合は20Wに変更する

混信の有無の判断は相手局のRSレポートによる35Wや50Wの出力は基地局の送信エリアを広げる反面、
受信エリアが変化しないために相手局がハンディー無線機を使用していると受信できなくなります
送信エリアが受信エリアより広くなった為です

注意点は
基地局から100km送信できる場合、受信エリアが120kmは必要です(送信<受信)とする
ハンディー無線機のアンテナ利得が低いこと
送信や受信感度があまり良くない
出力は5Wしか出ないこと

アマチュア無線機(144・430のデュアルハンディー機)出力は最大5W

基地局で対応することは可能です
ちなみに、35Wや50Wの無線機は3アマ以上しか使用できない
ハンディー無線機は通常2W運用が適している(5W運用は無線機が熱をもつため短時間しか使用できない)
最悪時にはパワーダウン及び送信停止(受信は可能)となる
無線機が冷えれば送信可能となるが多用すると無線機の故障原因となる
付属のアンテナは利得が低いために受信感度が悪いし飛びも悪いと理解してください

アマチュア無線基地局は電波の送信エリア以上に受信
エリアを広げ弱電波を受信するように心がける(ハイパワーは必要以上に出さない)

一斉に送信されたFM電波は受信機側では無音になります
つまり、パイルアップしたときに備えること
RSレポートが59であれば56,53,51,41はいつまでも交信できません
基地局に送信してくる電波を一つ一つ確認すること
相手局がハンディー無線機の場合は特に注意が必要である(携帯電話の様に1対1で話すのと違います)

アマチュア無線機(固定機)HF、144、430の周波数に対応

アマチュア無線機(ハンディー機)
右側:430の周波数に対応
中央:144、430の周波数に対応
左側:144の周波数に対応

SWR計で無線機設備のチェックをする

< パイルアップの対応方法 >
パイルアップ状態の場合は
1、交信局を生年月日で分ける
例:1月から2月生まれの方 1月1日から1月15日生まれの方など
2、コールサインと用件、無線機の種類を受信する
例:JA1-ABC、救急、ハンディー機
例:JA1-ABC、火災、モービル機
例:JA1-ABC、道路、固定機
例:JA1-ABC、物資、ハンディー機
例:JA1-ABC、その他、モービル機
※詳しい用件は後にすること
QRZ?QRZ?こちらはJA1-ABC だれかこちらを呼んでいますか?
受信します・・・・10秒間受信する(これの繰り返し)
パイルアップ対応の練習が必要です(複数の中継局と協力すると良い)
交信局はハンディー機、モービル機、固定機の順
用件は救急、火災、道路、物資、その他の順

GPアンテナ及びモービルアンテナをハンディー無線機に接続すると良い
指向性アンテナに接続すると送信及び受信が良くなる(2Wでも十分に交信可能)
10Wでの交信記録は100kmで、RSレポートは41でした
EME無線局との交信では6Wで70km、RSレポートは59でした
EME無線局は送信・受信の無線設備が高性能のため比較になりません
月面反射で交信する最上級の無線局ですからアンテナも一般のアマチュア無線局とは異なり最高レベルです
受信用のプリアンプや送信用のパワーブースタも装備しています

アマチュア無線機は音声以外に映像やFAX、パケット通信も可能です
無線機にはGPSが組み込まれているものもあり相手局の位置も特定できます
また、気象衛星のデータを読み込み表示も可能です

< 430MH帯ハンディー無線機 >
1)430MH帯ハンディー無線機です。最大で5Wの出力があります(連続使用は3Wぐらいで)
 無線機が加熱して送信出力が保護回路により低下します(相手の声は聞こえるが自分の声が届かない)
 30分ほど使用を停止すれば復帰します。また通話可能になります
 基地局として使用する場合はモービル機が良いでしょう

2)430MH帯ハンディー無線機に八木アンテナを接続します

3)430MH帯ハンディー無線機に八木アンテナを接続するには変換コネクターが必要です

4)1 八木アンテナ作成図面
2000円ほどで作れます。省電力で遠くまで電波が飛びます
自作の得意な方は一度挑戦してみては・・・
注)給電部は手の持つ本体とは絶縁してください
(r lot 、RAは本体とは絶縁すること)
(クリックすると画像が大きくなります)

4)2 八木アンテナ作成図面
(クリックすると画像が大きくなります)

ハンディー無線機と八木アンテナの間に電波の減衰器を接続すると電波の発信元を探知できます
電波の減衰器はFOXハントなどにも使います 約1000円ほどで作れます
実際に違法電波発信局の探知に使いました 実験済みです
5)1 ハンディー無線機と八木アンテナの間に電波の減衰器を接続する

5)2 電波の減衰器


アマチュア無線機の電波は省電力でも遠くまで飛ばすことができます
周波数や電波形式を変更するだけで福島県と沖縄県の間で交信可能です
電波が飛ばないとか受信できないというのは無線機設備のレベルが低いことになります
平地では10wの無線機で100km先の無線局と交信することができます
無線局の移動運用の経験も必要かと思います
地震災害時には基地局の無線機設備のレベルの向上に努め、交信する時はマナーを守って下さい
アマチュア無線機を使用するには免許とコールサインが必要です
コールサインは開局の許可がもらえると与えられるものです(例『JA1-ABC』)

 避難所への避難

危険な場合は、小学校や中学校へ避難する(移動中は落下物に注意する)
近所同士声を掛け、助け合いながら避難する
近くで火災が発生している状況では避難所が風下にある場合は一旦中止する
必要に応じて避難場所を変更する
倒壊した建物の建材や洋瓦の中には補強材としてアスベストが使用されていることがあります
風下には行かないように、倒壊した建物からのアスベストを吸引しないためにも防塵マスクを付けること
子供たちが中皮腫にならないためにも30年後の未来を守りましょう
地震による倒壊以外にも解体工事があります
通学路で解体工事があれば子供たちが近づくことの無いように注意してください
登下校の時間帯は工事を中止するように依頼する
PCBを含む変圧器が近くにある場合は液漏れがないか注意して下さい PCBの保管状況も確認すること
地震災害後には一部のPCBが不明になっています

日頃から市の冊子などを利用しながら、避難用具を揃えるなどして、一人ひとりが防災に対する危機意識を持つようにしましょう

災害の発生した時間帯によってかなり状況も変化しますが、自治会の皆さんで協力しながら安全に避難できることを心から望みます