貯水槽施設の写真

参考写真

高置水槽の架台にはハシゴがあるが水槽にはハシゴが無い  点検は危険である

水槽にはハシゴがあるが高置水槽の架台にハシゴが無い

高置水槽の架台には鉄製、水槽にはステンレス製のハシゴがある

エレベータ室の外壁に点検ハシゴがある 点検ハシゴには落下防止の安全柵がある

高置水槽にはステンレス製のハシゴと落下防止の安全柵がある

高置水槽の架台にはハシゴがあるが滑りやすい構造である (全景写真)
(拡大写真)

鉄製のハシゴが錆びている

鉄製のハシゴが錆びている 作業員が落下する恐れがある

高所作業での落下防止について

近年は地震災害が多く、水槽の点検や法定検査中に地震に遭遇する機会も多くなります
万一に備えて落下防止策を考えましょう 安全第一です


安全帯ベルトを付けて作業できる場合


風の強い時は中蓋の落下に注意が必要

安全帯ベルトを付けて作業ができない場合
水槽上部が広く安全帯ベルトのロープが固定できない

FRP製パネルの上部が劣化している



水槽上部が水平になっていない FRPパネルが薄いため変形しやすい

通気管が水槽の外部に張り出している 豪雪地帯や火山灰が多い地域に見られる

安全帯ベルトのロープが1mぐらいで水槽上部で使うには短いと思われる

FRP製タンク上部に補強材が設置してある例


ステンレス製タンク 水槽上部にワイヤーを掛ける金具が設置してある

水槽上部パネルと側面パネルの接合部に金属板で補強してある例 耐震パネル構造の場合のみ


落下防止金具等

 W型サッカーの活用(吸盤金具)


吸盤はステンレス製パネルや表面が滑らかなFRP製パネルに吸い付く3~4個使うことが望ましい

長さは約30cm 重さ約1kg

水槽上部で安全帯ベルトを固定するワイヤーフック 1度に2~3個使用する
クリックすると画像が大きくなります

点検口に取り付けるフック(クリックすると画像が大きくなります


緊急用の落下防止アンカーⅠ
押しボタン式の傘と同じ アンカーは十字に計4本あり水槽内で開く(クリックすると画像が大きくなります)


緊急用の落下防止アンカーⅡ 水槽内で開きます。(クリックすると画像が大きくなります)


屋上での注意事項

屋上の排水溝 定期的に清掃しましょう

屋上の排水溝に小枝やビニール等による目詰まりが見られます
カラスやハトが屋上に飛んでくるようになったら注意してください
放置すると屋上がプール状態になり、10cm以上水が溜まると防水シートが破れ雨漏りの原因となります

屋上の排水溝の目詰まりが見られます
屋上に水がたまりこのまま放置すると防水シートが破れる雨漏りの原因となります

屋上の排水溝の目詰まりが見られます カラスやハトが屋上に飛んでくるようになったら注意してください
ハトの糞が大量に堆積しています 定期的に清掃をしましょう ハトの駆除対策が必要です(専門業者に要相談)

管理を全くしていない受水槽施設の内部

10年以上清掃していない 小規模貯水槽施設に多く見られます
受水槽内を清掃業者に依頼して1年に1回実施するなど受水槽施設の管理は十分に行いましょう

<例1>

<例2>

<例3>

<例4>

管理をしている受水槽施設の内部

受水槽内は清掃業者に依頼して1年に1回実施受水槽施設の管理は十分に行っています
簡易専用水道検査(簡易専用水道施設)及び簡易専用水道検査に準ずる検査(小規模貯水槽施設)を毎年実施しています
専門の検査機関が施設管理と共に監視しており受水槽内の水はとても綺麗です 水槽内の水の色が違いますね

<例1>

<例2>


受水槽施設の水質の悪化の原因はおもに管理不足です
簡易専用水道施設は全国に20万基ほどあり簡易専用水道検査を毎年受けています
小規模貯水槽施設は全国に90万基ほどあり毎年管理不足の指摘が多くあります
地震災害時には小規模貯水槽が『命の水』となりますので管理の徹底が望まれます